ホーム > 重要なお知らせ > ガスこんろ/ガスグリル付コンロ

ガスコンロ/ガスグリル付コンロをご愛用のお客様へのお知らせ

平成28年6月

日頃は弊社製品をご愛用いただきまして誠にありがとうございます。テーブルコンロ及びビルトインコンロは使い方や使用環境によっては機器が正常に働かなくなったり、思わぬ事故につながることがございます。安心・安全にお使いいただくために、下記の事項についてご留意いただきますようお願い申し上げます。

よくある問合わせTOP5

  • 揚げ物調理中にその場を離れると・・・ご注意点その2
  • グリルの受皿に油が残っていたり、消し忘れをすると・・・ご注意点その3
  • 使用中や使用直後にコンロに触ると・・・ご注意点その5
  • 片手鍋や底が平らでない不安定な調理器具を使うときは・・・ご注意点その6
  • 調理中にその場を離れたり、火をつけたまま移動したり、目を離すと・・・ご注意点その2

ご注意点その1

冬場にガスまたはストーブなどで暖房をしてお部屋の換気をしないと・・・
詳細を見る

換気不足の状態でガスコンロを使用しないで!

冬場にガスまたは石油ストーブなどで暖房している場合は、時々お部屋(台所)の新鮮な空気をいれて換気をして下さい。
お部屋(台所)の空気が汚染され、コンロが点火せず、正常に燃焼しない場合があります。
換気が不十分な状態で使用すると、不完全燃焼による一酸化炭素(CO)中毒になるおそれがあります。

ご使用ポイント

コンロ使用中は絶対にその場を離れないでください。
離れる時は必ず火を消してください。
特に冬場など、ストーブなどで暖房している場合は、コンロの火がつきにくくなることがありますので、空気の入れ替えをお願いいたします。

ご注意点その2

調理中にその場を離れたり、火を つけたまま移動したり、目を離すと・・・
詳細を見る

調理中は絶対にその場を離れないで!

急な来客や電話などでキッチンを離れるときは、コンロやグリルの火を消すようにお願いします。
特に天ぷら油は短時間で燃え上がり火災にいたるおそれがあります。

揚げ物調理だけではなく、ふだんの料理中でも“火をつけたまま”の移動・外出・就寝をしないでください。
料理中のものが焦げたり、燃えたり火災の原因になります。

ご使用ポイント

ふきこぼれると・・・
立ち消え安全装置によりガスは遮断されますが、一時的に煮汁のつまりにより炎が不安定になることがあります。また、汚れがついたままにしておくと炎の出口がつまり、炎が逆流してコンロの故障、火災の原因になることがあります。
また、みそ汁などを温め直すときは火力を弱めにして、よくかき混ぜながら温めてください。強火で急に温めなおすとなべ底に沈んだみそが突然噴き上がり(突沸現象)、やけどの恐れがあります。
※特にだし入り豆みそ(赤みそ)に注意してください。
調理の際のポイント!!
特に揚げもの調理時にお守りいただかなければ、調理油の過熱による発火を防止できないことがあります。
  • 揚げもの調理時は、必ず200mL以上の油を入れる。
  • 鍋の重さは食材を含んで300g以上を目安とする。
  • 鍋底の中心を温度センサーの上面に密着させる。

ご注意点その3

グリルの受皿に油が残っていた り、消し忘れをすると・・・
詳細を見る

グリル内の掃除、消し忘れには気を付けて!

グリルの受皿に油が残っていたり、また、消し忘れをするとグリル庫内で発火する恐れがあります。

ご使用ポイント

販売している全てのグリル付コンロにはフレームトラップという安全装置が搭載されています。万が一、グリル内の魚などに引火しても、排気口から炎が出ることを抑制するので、火災の拡大を防止する効果があります。
取り出す時には・・・
火を消してから焼きあがった魚だけを取り出した後、グリルの操作ボタンを「止」にすることを忘れないようにご注意ください。 グリル水入れ皿に水を入れる必要のある器種をお使いの場合は、グリルを使用する時には、
  • グリル水入れ皿に必ず所定の水量の水を入れていただく。(※使用中は常に水のある状態を保ってください。)
  • グリル使用後は必ずお手入れしていただく。
お手入れ方法については下記お手入れのページをご参考ください。

グリル清掃のご案内

ご注意点その4

熱くなったグリル扉に水をかける と・・・
詳細を見る

お手入れは熱くないことを確認してからはじめましょう

ご使用ポイント

ガラスが割れてケガをする原因になります。ガラス扉のお手入れは必ず時間をおいて熱くないことを確認してください。

※お手入れ時には、みがき粉、金属たわしなどを使用しないでください。

グリル扉清掃のご案内

ご注意点その5

使用中や使用直後にコンロに触る と・・・
詳細を見る

使用中や使用直後は操作部(つまみ・ボタン類・グリル取っ手)以外には触らないでください。やけどに注意してください。

ご使用ポイント

機器本体とその周辺および調理機器が熱くなるため、やけどをするおそれがあります。

※特に小さいお子様がいるご家庭では注意してください。料理中のものが焦げたり燃えてしまったりして火災の原因になります。

さらにご注意!!
  • コンロの点火操作時や使用中にバーナー付近に顔を近づけず、バーナー付近に触れないでください。

    →熱や炎でやけどをするおそれがあります。衣服に炎が移ったりする場合があります。

  • 使用中はコンロの奥へ手を伸ばしたり、体の一部や衣服を炎・バーナー・グリル排気口に近づけないでください。

    →袖やエプロンなど衣服に着火したり、熱によるやけどの恐れがあります。鍋を動かすときや、温度センサーが作動し炎の大きさが自動的に弱火から強火へ変化する場合に炎がなべ底からあふれることがあるため注意してください。

ご注意点その6

片手鍋や底が平らではない不安定 な調理器具を使うときは・・・
詳細を見る

必ず取っ手を持ちながら調理を!

片手鍋などは、調理中の鍋のふたを取ったり、水分の蒸発などにより調理物の重さが軽くなると温度センサーの力により押し上げられ、傾いたり、ずれ落ちる場合があります。 不安定な状態で使用すると、鍋が傾いて調理物が体にかかるなどしてやけどの原因になります。 コンロを使用時に、片手鍋・中華鍋・そこが凹んだ鍋・底が丸い鍋・底がすべりやすい鍋・径の小さい鍋などを不安定な状態で使用しないでください。

ご使用ポイント

  • 必ず取っ手を持ちながら調理してください。
  • 取っ手を機器の正面からはみ出さないようにしておくなど、安定した状態で使用してください。
  • 片手鍋やフライパンなど、重心が片寄った鍋は不安定な状態にならないよう、イラストのように取っ手をごとくのツメ方向に合わせてください。

ご注意点その7

バーナーキャップが正しい位置に ついていないと・・・
詳細を見る

点火しないことや、不完全燃焼による一酸化炭素中毒のおそれ、バーナーキャップの変形、火災の原因になります。

ご使用ポイント

バーナーキャップは誤った取り付けでは使用しない
  • 点火しない場合があります。
  • 炎のふぞろいや逆火で不完全燃焼による一酸化炭素中毒のおそれや、バーナーキャップの変形、火災の原因にもなります。
  • 機器の中に炎がもぐりこんで焼損する原因になります。

ご注意点その8

ロックつまみをロックし忘れると ・・・
詳細を見る

ペット(猫や犬等)を飼われている場合に、コンロから離れる場合はロックつまみをし忘れないで!

ペット(猫や犬等)を飼われている場合、ご使用されない時は操作ボタンをロックしてください。コンロの上や流し台にペットが乗ろうとして誤って点火ボタンを押してしまい、ペットが火傷する恐れがあります。

ご使用ポイント

コンロ使用中は絶対にその場を離れないでください。 離れる時は必ず火を消してください。
使用されない時は操作ボタンをロックするように心がけてください。
小さなお子様やご高齢の方のうっかりミスをふせぐことができます。

参考リンク
独)製品評価技術基盤機構 2017年8月24日公表

お客様のお問い合わせ窓口

専用相談窓口

0120-314-552

受付時間:平日9:00~18:00
(平日・土・日・祝日ともに)

※電話番号のおかけ間違いにご注意願います。

ページトップに戻る