ホーム > パロマについて > トップメッセージ

トップメッセージ

社長

株式会社パロマ
代表取締役社長小林 弘明

企業理念のもと、ガス機器で快適な暮らしに貢献

パロマは、1911年の創業当時から「ガスを通じて、人々に貢献したい」という志を持ち、皆さまにより良い暮らしをお届けすることを目指してきました。平和の象徴である“白い鳩”を意味する、“パロマ”という社名にも、皆さまの平和で豊かな生活のお役に立ちたいという、私どもの願いが込められています。ガスを通じて暮らしを支えるメーカーとしての志と自覚を持ち、これからも皆さまの安全・安心で快適な生活の向上に努めて参ります。

真摯に取り組む「安全・安心なモノづくり」

私どもが常にテーマとしてきたのが、ガス機器の安全性の向上です。不完全燃焼防止装置や天ぷら油過熱防止装置などをはじめとした、多くの安全装置の開発にも業界に先駆けて取り組んできました。また、事故やトラブルを未然に防ぐために、社内外からの「ヒヤリ」「ハット」情報を収集し、専門の部署に集約・一元管理しています。これらは、新たなモノづくりに活かすとともに、お客さまが製品を安心してお使いいただくための情報提供にも役立てています。各部署が垣根なく連携し、私どもの総力を結集して、『安全・安心なモノづくり』を引き続き推進して参ります。

パロマの原点であるお客さまの“笑顔”は、世界共通

日本では1950年代頃からガス機器が大きく普及しました。それまで薪や練炭が中心であった生活が、ガス炊飯器やガス湯沸器、ガスコンロの登場により、大きく様変わりしました。私どもの製品によって世の中の暮らしが向上し、お使いいただくお客さまの“笑顔”に貢献できたことに大きな喜びを得ました。これこそがパロマの原点であり、社会における役割であると考えます。お客さまの“笑顔”は世界共通です。私どもは日本のみならず世界各地に生産拠点を構えるグローバル企業として、これからも日本はもちろん世界中の人々へ“笑顔”をお届けして参ります。

ページトップに戻る