ホーム > 重要なお知らせ > 製品を安全に正しくお使いいただくために > パロマ製品のアスベスト(石綿)の使用状況について

パロマ製品におけるアスベスト(石綿)の使用状況について

  1. 現在のアスベスト(石綿)の使用状況について

  2. 現在すべての製品についてノンアスベスト化しています。
  3. 過去のアスベスト(石綿)の使用状況について

  4. 過去に製造された商品の一部に使用されていましたが、すべて低発じん性で日本石綿協会が示す自主基準値の1/20以下の飛散の可能性が極めて少ない商品です。
    下記の使用期間以降はノンアスベスト化されております。
    使用された商品と部位 含有率 使用時期
    小型湯沸器の一部の防熱板 10~20% 1969年~1988年
    給湯器の一部の防熱板 60~100% 1971年~1988年
    給湯器の一部の排気口パッキン 70~90% 1985年~2000年
    テーブルコンロのオプションの防熱板 60~100% 1976年~1987年
    ジャー付炊飯器の断熱材 70~90% 1981年~1989年
    給湯器等のガス通路部の一部のパッキン 67% 1969年~2002年
    パッキンや防熱板はゴム、接着剤などで固められています。その上金属などで挟まれている状態で使用しているためお客様がアスベストを吸い込む可能性は極めて少ないと考えます。
  5. アスベスト(石綿)による健康被害について

  6. 弊社では確認されていません。
  7. 廃棄について

  8. 製品を廃棄される際は、その地域のルールに従って廃棄してください。

ページトップに戻る