ホーム > 重要なお知らせ > 大切なお知らせ > 凍結予防ヒーター(配管用)に関するご注意

凍結防止ヒーター(配管用)に関するご注意

令和2年9月

取り付けに際しては、凍結防止ヒーターのメーカー各社の取扱説明書をよく読み、以下の点に十分ご注意のうえ、正しく取り付けを行ってください。
誤った取り付けを行うと火災などの事故が発生するおそれがあります。

ヒーター取り付け上のご注意

・適切な長さのヒーターを選択してください。

・巻き付けピッチについて
必ず巻き付けピッチが均一になるように取付けてください。ピッチが均一でない場合、ピッチが狭い部分では異常過熱事故の原因となり、ピッチが広い部分では凍結事故の原因となります。(図1)

・ヒーターの取り付けについて
発熱部(ヒーター)同士が重なったり、接触すると異常に温度が上昇し発熱部(ヒーター)が溶けることがありますのでご注意ください。発熱部(ヒーター)が余った場合、無理に巻き付けないでください。(図2)

・正確な温度制御をするために、サーモスタットは必ず配管に密着して取り付けてください。

・サーモスタットは発熱部(ヒーター)と接触しないように発熱部(ヒーター)と正反対の位置に取り付けてください。

ページトップに戻る