1. ホーム >
  2. 製品に関する大切なお知らせ >
  3. 長期使用製品安全点検制度のお知らせ

長期使用製品安全点検制度のお知らせ

長期使用製品安全点検制度とは

「消費生活用製品安全法」の改正により創設された制度で、長期間の使用に伴い生ずる劣化(経年劣化)により安全上支障が生じ、特に重大事故の恐れの多い製品(特定保守製品)9品目に対して、経年劣化による事故を未然に防止するため、お客さまの申し出により、点検(有償)その他の保守を適切に支援する制度です。
平成21年4月1日から施行されます。

※特定保守製品とは
消費生活用製品のうち、経年劣化により安全上支障が生じ、一般消費者の生命又は身体に対して特に重大な危害を及ぼすおそれが多いと認められる製品であって、使用状況等からみてその適切な保守を促進するものが特定保守製品です。

点検制度の対象商品(特定保守製品)

  • 屋内式ガス瞬間湯沸器
    (都市ガス用、LPガス用)
  • 屋内式ガスバーナー付ふろがま
    (都市ガス用、LPガス用)
  • 石油給湯機
  • 石油ふろがま
  • 密閉燃焼(FF)式石油温風暖房機
  • ビルトイン式電気食器洗機
  • 浴室用電気乾燥機

パロマの特定保守製品と法定点検について

パロマの特定保守製品は以下に該当するものになります。

  • 屋内式ガス瞬間湯沸器(都市ガス用、LPガス用)
    ※器具写真例:5号湯沸器、FE式給湯器、FF式給湯器
  • 屋内式ガスバーナー付ふろがま(都市ガス用、LPガス用)
    ※器具写真例:FF式給湯付ふろがま
  • APDT
  • 石油給湯機
  • 石油ふろがま

法定点検期間

製品の法定点検期間は製品の銘板または所有者票で確認ができます。
右の赤枠内の「点検期間」をご確認ください。

表示ラベル

家庭用製品の点検期間めやす 製造年月より9年~11年 業務用製品の点検期間めやす 製造年月より2.5年~4.5年

2009年4月以降に特定保守製品をご購入されたお客様へ

製品が古くなると部品等が劣化(経年劣化)して、重大な事故を起こすおそれがあります。
弊社に所有者登録していただくことで、適切な時期に点検通知をお届けしますので、点検(有償)をお受けください。

所有者(消費者、家屋賃貸人等)の責務

購入から点検までの流れ

  • 特定保守製品の所有者は、製品の製造・輸入事業者(特定製造事業者等)に対して、所有者情報を提供(登録・変更)する責務を負います。
  • 製品の所有者は、製品事故が生じた場合に他人に危害を及ぼすおそれがあることを留意し、点検等の保守に努めるものとし、特に、製品の賃貸業者(家屋賃貸人等)は賃借人の安全に配慮すべき立場にあることからも特にその保守が求められます。

インターネットでの登録

製品に同梱されている「所有者票」の記載事項を確認した上で、インターネットで登録してください。

所有者登録はこちらから

携帯電話での登録

製品に同梱されている「所有者票」の記載事項を確認した上で、携帯電話で登録してください。

携帯電話でQRコードを読み取って、登録ページへアクセスできます。

ハガキによる登録

製品に同梱されている所有者票に所有者情報など必要事項を記入して投函してください。

ハガキによる登録

※聞き間違いなどによる誤登録を防ぐため、お電話での所有者登録は行っておりませんのでご了承ください。
※登録していただいた内容に変更が生じた場合は、パロマお客さまセンターへご連絡ください。
※所有者登録いただいた情報は、点検通知・リコール等製品安全に関するお知らせ以外には使用いたしません。
※この制度における法定点検のお知らせは、パロマ以外から来ることはありません。

2009年4月以前より「特定保守製品」を長期間お使いのお客様へ

制度制定前よりお使いの特定保守製品にも製造から10年後に「法定点検」に準じた点検が可能です。

2001年(平成13年)~2003年(平成15年)に製造された(製造年月より9~11年経過した)特定保守製品をお使いのお客様

点検時期がきておりますので「法定点検」に準じた点検をおすすめします。

2007年(平成19年)~2009年(平成21年)に製造された(製造年月より2.5~4.5年経過した)業務用特定保守製品をお使いのお客様

点検時期がきておりますので「法定点検」に準じた点検をおすすめします。

2001年(平成13年)より2010年(平成22年)までの製造品をお使いのお客様業務用特定保守製品をお使いのお客様

製造から10年後に「法定点検」に準じた点検をおすすめします。お電話にて登録いただければ点検時期にご案内差し上げます。

2000年以前の製造品(製造年月より11年以上経過)をお使いのお客様

経年劣化により、危険な状態でお使いいただいている可能性がありますので「法定点検」に準じた点検をおすすめします。

※詳しくはパロマお客さまセンターへお問い合わせください。

点検料金について

点検費用はお客さまにご負担していただくことになります。
点検の結果、整備・修理が必要になった場合は、別途費用が発生します。点検料金は、出張料、点検技術料、その他諸経費を合計し、消費税を加算した金額になります。

小型湯沸器8,400円(税込) 給湯機器 給湯付ふろがま9,975円(税込)

※点検料金は、2009年4月1日から適用のものです。上記点検料金は標準点検料金となっておりますので、詳細は下記点検料金表をご確認願います。

お取引業者様へ

お取引事業者様は製品の所有者となる取得者の安全に配慮して、製品の所有者の制度理解を深めるため下記内容の役割を担います。

  1. 所有者への引渡時の説明義務
    点検等の保守や所有者情報の提供(登録・変更)等の必要性を製品の取得者に説明しなければなりません。
    製品に同梱されている所有者票を取得者に示して、そこに記載されている法定説明事項を説明してください。
  2. 所有者情報の提供の協力責務
    製品の取得者から所有者登録のため、所有者情報の提供を受けた場合には、特定製造事業者等に対する所有者情報の提供に協力しなければなりません。

点検を行う事務所

点検事業所の住所、電話番号については点検を行う事務所一覧をご覧ください。

部品保有期間

特定保守製品の部品の保有期間については部品保有期間一覧をご覧ください。

長期使用製品安全点検制度に関するお問い合わせ

パロマお客さまセンター

0120-378-860

受付時間:平日9:00~17:00
(土・日・祝日・弊社指定休日を除く)

インターネットからのお問い合わせ

※電話番号のおかけ間違いにご注意願います。

ページの先頭へ

Copyright © Paloma Co., LTD. All rights reserved.