1. ホーム >
  2. ニュース >
  3. 2010年のニュース >
  4. 2013年3月までに、全てのガス給湯器をエコジョーズにする「エコジョーズ化宣言2013」に賛同します。

2010年のニュース

2010年06月

2013年3月までに、全てのガス給湯器をエコジョーズにする「エコジョーズ化宣言2013」に賛同します。

エコジョーズ宣言2013

株式会社パロマ(愛知県名古屋市 代表取締役社長:小林弘明)は、社団法人日本ガス石油機器工業会と日本ガス体エネルギー普及促進協議会が表明する「エコジョーズ化宣言2013」に賛同します。「エコジョーズ化宣言2013」は2013年3月までに生産するすべて*1のガス給湯器を省エネ高効率ガス給湯器「エコジョーズ」に切り替え、低炭素社会の実現に向けた取り組みとして省エネ・省CO2の実現に貢献します。

省エネ高効率ガス給湯器「エコジョーズ」は、従来は捨てていた排気中の潜熱を回収して再利用することにより、熱効率を約95%にまで高めた、省エネルギー性・環境性に優れた給湯器です。エコジョーズを使用することにより、CO2排出量を従来の給湯器に比べて約13%削減することができます。また、太陽光や太陽熱といった再生可能エネルギーと組み合わせることにより、更なる省エネ・省CO2を図ることが可能です。

2002年10月の販売開始以来、2010年3月末までの「エコジョーズ」の累計出荷台数は158万6千台で、これによるCO2削減効果は約35万t*2 と推定しています。
2020年には合計2000万台の普及を目標としており、約445万t*2のCO2削減効果を見込んでいます。

弊社は社団法人日本ガス石油機器工業会と日本ガス体エネルギー普及促進協議会の表明する「エコジョーズ化宣言2013」に賛同をし、「エコジョーズ化宣言2013」の共通ロゴをパンフレットやちらし等に掲載し、お客さまへのPR活動を推進していきます。
今後も関連業界・団体と連携し、ガスのある快適なくらしをサポートするとともに、低炭素社会の実現に向けた活動を展開していきます。

*1給湯能力16号以上の屋外設置型強制排気式(RF式)、屋内設置型強制給排気式(FF式)が対象。
既築集合住宅の取替や特定物件用など取り付けが困難なもの(バランス型ふろがまや小型湯沸かし器等)については、従来品の製造も継続。
*2潜熱回収型ガス給湯器のCO2削減効果を約222.6kg-CO2/世帯・年として算定

【参考1】エコジョーズ本体

【参考2】省エネ高効率ガス給湯器「エコジョーズ」の概要

エコジョーズ 構造

【参考3】エコジョーズ(都市ガス仕様+LP ガス仕様)の累積出荷台数の推移

累積台数の推移

ページの先頭へ

2010年のニュース一覧へ

Copyright © Paloma Co., LTD. All rights reserved.