仕事と人を知る


パロマは、自分を強くしてくれる場所

学生時代から、住宅やインテリアに興味があり、その一環として住宅設備メーカーであるパロマと出会いました。一般事務職の社員は、ほぼ定時に仕事を終え、充実したプライベートを送ることができていると感じています。終業後は、習い事やスポーツジムに通う同僚も多いですね。もちろん仕事においてもやりがいを感じていますよ。後にも述べる取扱説明書の作成をはじめ、品質管理部内の庶務など仕事は多岐にわたります。時には大変に感じることもありますが、逃げることなく仕事に向き合ってきました。結果、入社前と今の自分を比べると、明らかに強くなったと思います。パロマは、自分を成長させてくれる場所ですね。

自分が作った取扱説明書が世に出た時の喜びは格別

入社以来、品質管理部門の仕事として、取扱説明書の作成を担当してきました。より見やすいようにレイアウトを変更したりするのが私の役割です。CADで作成した商品データに、イラストレーターというソフトウエアで「鍋をつかむ手」を追加したりもします。作成に当たっては技術部から説明をしてもらい、それをユーザーに分かるように編集。技術者の説明は専門的すぎるので、お客さまにご理解いただけるような、平易な表現に変換していきます。様々な点でケアが求められるので大変ではありますが、その分、完成した時の喜びは格別です。

もっと仕事の幅を広げたい

自分に与えられた仕事の範疇で最善を尽くすだけでなく、新しい分野の仕事にも積極的にチャレンジしていきたいですね。たとえば取扱説明書の作成についても、当初、私にとっては未知の分野でした。何度も試行錯誤を重ねた末に完成した取扱説明書が、関係部門や取引先の方から「見やすくなったね」と言われることは嬉しいですし、やりがいも感じます。このような喜びをもっと多く味わうために、もっと仕事の幅を広げていきたい。そして、一人でも多くの従業員をサポートできれば嬉しいです。パロマは、積極的な姿勢で仕事に臨む人に、たくさんのチャンスを与えてくれる会社ですから。

一般事務職の仕事とは

総合職をサポートする存在として、パソコンを使った資料作成やデータ入力、書類管理・整理、電話・来客対応、CADオペレーションやコールセンター業務など部署によって様々な仕事があります。部署内の業務を円滑に進めるために、一般事務職の存在は必要不可欠。責任ある仕事に取り組んだり、社外の方々とコミュニケーションを取ったりする機会も少なくありません。大変な時もありますが、多くの人を支えるやりがい、感謝される喜びをたくさん味わうことができます。自身の存在意義を発揮できる仕事をしたい方、多くの人を支える存在になりたい方には最適の仕事ですよ。

エントリーはこちら