仕事と人を知る


モノづくりの上流工程から携わることができる

パロマは、モノづくりの全体を見ながら開発ができる会社。視野を広く持って開発をすることができます。「こんな製品が作りたい」という思いを持って、企画から手掛けられますから、売れる製品を作りたいという思いが生まれ、技術者でありながら商売人的な考え方も身に付きますね。自分の業務としてただ単に図面を書いているとか、パーツ開発をするのではなく、マーケットと他社を知り、コンセプトづくりから、どうやってシェアを取っていくかという戦略的なことなどの上流から手掛けられるので、どのようにモノができていくかという一連の流れを掌握できます。モノづくりが好きな人にとっては、やりがいを感じられる会社です。

いい製品をつくるために、新人もベテランも関係なし

世の中に受け入れられる製品を具現化するために、部署間の壁を一切取り払い、膝を詰めて話し合うのもパロマの特徴です。部門長や取締役との距離も近く、上の方々が時々ミーティングに入ってきて意見をくださるため、意思決定もすごく早いです。ただしモノづくりの現場では、新人の意見であろうと取締役の意見であろうと平等。新人が「それは違うと思います」ということもよくあります。ただし、上司やメンバーを説得するためには、自分の考えを自分の言葉で語れなければなりません。論理的に説明でき、思いを持って伝えれば、まさに自分の思い描いた通りの開発をさせてもらえる環境があります。

入社後に生まれた新しい夢

就職活動の時に思い描いていたとおりの会社で、思ったような仕事をさせてもらえているので、すでに夢がかなってしまったような気がしています。これからは、私と同じように、仕事に満足しながら開発をしていける仲間をもっと増やして、さらに活気あふれる開発の職場にしたいです。製品については、今までにない新しい機能や価値をガスコンロに付加し、新しい市場を開拓していきたいと考えています。また、海外製品では頑丈で無骨な製品が多いので、日本の洗練されたデザインを展開していきたいですね。

「よくしゃべるエンジニア」のきっかけは、大学の部活

山登りの部活に入っていて、一年中、キャンプしたり山に登ったりしていました。山登りは超体育会系ですので大酒飲みの人が多く、初対面のOBの方から「飲め飲め」とお酒をすすめられることがよくありました。また、他の大学とのつながりもあったりして、目上の人とも気軽に話せるようになれました。沖縄や北海道など、大自然の中でキャンプをしていると、知らない人とも話が弾み、人生や仕事の厳しさを教えていただけることもありました。こんな経験があって、今では「よくしゃべるエンジニア」と言われています。

エントリーはこちら