会社と業界を知る

沿革

〜1959

1911年小林由三郎が、名古屋市古渡町で「小林瓦斯電気器具製作所」創業。
1931年社名を「小林製作所」と改称。
1933年初代小林由三郎より2代目小林進一が事業を継承。
1938年現在の名古屋市瑞穂区桃園町24に工場を新設。
1945年終戦と同時にガス器具の生産再開。
1952年ガスストーブ、ガスレンジ、ガス湯沸器などの生産を拡充。ブランド名に「パロマ」を使用し、全国へ進出。
1958年ヒューズメタル採用ガス炊飯器を発売。

1960年代

1962年得意先を対象としてパロマ学校(技能講習会)を開設。
1964年(株)小林製作所から製造部門を「パロマ工業株式会社」として分離独立。また、販売部門を「株式会社パロマ」とする。
1965年ガス湯沸器PH-4号Eが、ガス器具部門で我が国初のグッドデザイン商品(通産省)に選定される。以後多くの製品が選定される。
1968年福岡県直方市に工場を新設。「株式会社パロマ工業直方工場」として発足。

1970年代

1972年ガス炊飯器K型・KF型6機種がグッドデザイン商品(通産省)に選定される。
1973年ガス湯沸器がA.G.A(アメリカン・ガス・アソシエーション)の認定を得る。
シカゴにおいて現地法人"Paloma Industries,Inc."設立。
1977年業界に先駆けて、不完全燃焼防止装置付湯沸器を発売。
1977年小林進一社長が業界の発展に尽くした功績を認められ、紫綬褒章受賞。

1980年代

1981年小林進一社長が会長に、小林敏宏常務が社長に就任。
1982年不完全燃焼防止装置を元止式瞬間湯沸器全機種に搭載。
1984年パロマ独自のセーフティーマーク設定。
1985年パルス燃焼フライヤーPF-18が省エネルギー優秀製品賞受賞。超薄型テーブルコンロがグッドデザイン部門別大賞受賞。中華人民共和国へ技術協力決定。
1986年パルス式蒸気ボイラーが省エネルギー優秀製品賞受賞。
1988年全米大手の給湯器メーカーであり、大手エアコンメーカーのリーム社をパロマグループの傘下に。パロマ札幌研究所開設。
1989年「パルス燃焼方式の開発とその応用」が昭和63年度日本機械学会賞を受賞。

1990年代

1993年北海道登別市に新工場完成。
1994年業界に先駆けて、屋内設置式FE給湯器に不完全燃焼防止装置(センシングバーナー)搭載。
1997年業界初の壁面火災防止装置を給湯器に設置。
1998年東京営業所新社屋「パロマプラザビル」が東京都港区西麻布に完成。
1999年水なしグリルのテーブルコンロに"こんがり亭"が省エネ大賞(資源エネルギー庁長官賞)受賞。

2000年代

2001年高効率コンロeco60シリーズが省エネルギー大賞、省エネルギーセンター会長賞受賞(W受賞)。ボイス&インターフォン付給湯器、ブライトグリル発売。
2002年清洲工場を新設。
2003年高効率ガス小型湯沸器、潜熱回収型ガス高効率給湯器、ガスファンストーブ"ひなたぼっこ"の3点が省エネ大賞(省エネルギーセンター会長賞)受賞。
2005年創業95年を迎える。小林弘明が社長に就任。"ビストロースター"卓上タイプが2005年度グッドデザイン賞を受賞。
2008年業務用パルスフライヤーが全米レストラン協会「Kitchen Innovations awards 2008」受賞。
2011年「パロマ工業株式会社」と「株式会社パロマ」が合併し、新「株式会社パロマ」発足。
エントリーはこちら