会社と業界を知る

海外に事業を展開できるのは、国内に磐石の経営基盤があるから。

パロマの歴史は100年以上。アメリカ・アジア・オセアニアなどにも拠点を持っています。しかし、どれだけ歴史を重ね、規模を拡大しても、お客様のそばに寄り添う姿勢は忘れません。国内84拠点にわたる営業所のネットワークを駆使して、お客様の意見を迅速にモノづくりに反映させる体制があります。この体制を活用し、常に変わり続けるニーズを捉え続けることで、着実に業績を伸ばしてきました。結果、国内で確固たる経営基盤を構築。海外で思い切った勝負ができる体制を確立しています。もちろん海外でも、お客様に寄り添い、その土地ごとのニーズを捉え、モノづくりに反映させる姿勢は貫いていきます。

100年以上の歴史が産み出した最先端の技術。

不完全燃焼防止装置や調理油過熱防止装置など、現在のガス器具業界におけるスタンダードを多数産み出してきたパロマ。100年以上の歴史の中で培ってきた技術を駆使して、現在も画期的な技術を開発しています。熱燃焼効率96%という世界トップクラスの数字も、その象徴のひとつ。これらの技術を生み出すことができた背景にあるのは、社内で一貫してモノづくりを進める姿勢。製品を構成する小さな部品、そして生産設備もできるだけ社内でつくる。技術者が製品の企画から製造まで携わる。そんな姿勢が前述した独自の技術・製品を生み出してきました。その結晶が下記の企業概要です。

会社概要

●創業

1911年2月15日

●売上高

3,981億円(2016年12月連結実績)

●従業員数

12137名(グループ合計)

●事業内容

ガステーブルコンロ、ガスビルトインコンロ、ガス給湯器、瞬間湯沸器、ガス炊飯器などガス器具の開発・製造・販売。家庭用から業務用まで300種類以上にのぼる商品が世界60カ国以上で広く愛用されています。製品企画から原料調達、製造、販売、アフターメンテナンスに至るまで自社グループ内で手がけることにより、品質管理に万全を尽くしています。

●事業所




営業所一覧

【北海道】
札幌、釧路、旭川、帯広、函館、苫小牧、北見

【東北】
仙台、郡山、秋田、盛岡、青森、八戸、山形、いわき、庄内

【関東】
東京、横浜、多摩、厚木、さいたま、越谷、熊谷、宇都宮、前橋、千葉、松戸、水戸、土浦、埼玉西、世田谷、練馬、山梨、立川、川崎、横須賀、相模原

【信越】
新潟、長岡、松本、長野

【中部】
名古屋、岐阜、三重、豊橋、岡崎、浜松、沼津、金沢、富山、福井、静岡

【近畿】
大阪・阪神、京都、姫路、滋賀、奈良、和歌山、福知山

【中国・四国】
広島、福山、岡山、松江、山口、高松、松山、高知、徳島、鳥取、浜田、下関

【九州・沖縄】
福岡、北九州、熊本、大分、長崎、宮崎、鹿児島、佐賀、沖縄、延岡

工場一覧

本社工場・本社第二工場(名古屋市)、大口工場(愛知県丹羽郡)、清洲工場(愛知県清須市)、恵那工場・可児工場(岐阜県)、北勢工場・笹野工場(三重県)、北海道工場(北海道登別市)、直方工場(福岡県直方市)




【リーム・マニュファクチュアリング】
本社/アトランタ(アメリカ) 主要事業所/アラバマ・アーカンソー・カリフォルニア・フロリダ(アメリカ)、トロント(カナダ)、メキシコシティー・ヌエボラレド・カレキシコ(メキシコ)、サンパウロ(ブラジル)、シドニー・メルボルン・パース(オーストラリア)、オークランド(ニュージーランド)、シンガポール、上海・成都(中国)

●取り扱い製品

主力製品であるガステーブルコンロは、国内のみならず世界各国で愛されています。近年はビルトインコンロの開発も強化。グリルパン「ラ・クック」が好評を得ており、シェアを確実に伸ばしています。

様々な外壁になじむ「メタリックベージュ」を採用した温水機器もまた、国内外で大きな支持を集めています。特に海外では、安全面・環境面における注目度が高く、パロマの温水機器を求める声が、年々高くなっています。

国内最大手ファーストフードチェーンで使われる、たとえばポテトやナゲットを揚げるフライヤー。実はほとんどの店舗でパロマの製品が導入されています。現在、国内外にある様々な飲食店などでパロマの業務用機器が活躍中です。

エントリーはこちら