Paloma

取替えLab.

Paloma取替え研究所

取替えの知識

ガスコンロお取替えQ&A

ガスコンロお取替えQ&A

ガスコンロの取替え時期っていつ?

約10年が点検・取替えの目安時期です。

ガスビルトインコンロは、10年くらいが点検・取替えの目安といわれています。10年以上使ったガスコンロは内部の部品が劣化していることがあり、部品を交換したり修理しても、また別の故障がおきる可能性があります。まずは点検サービスを利用するのもおすすめです。

修理?or取替え?迷ってます

2008年以前に製造されたガスコンロは
安全センサーが付いていないコンロバーナーがあります。

2008年(平成20年)10月より、家庭用ガスコンロについて、バーナー全口に安心センサー(Siセンサー)の搭載が義務づけられました。今お使いのガスコンロが全口安全センサーでない場合は、安全のためにもこの機会に取替えをおすすめします。

安心センサーとは?

鍋底で温度を感知するSiセンサー。自動で火力を調節して異常高温を防止します。

取替えに時間がかかるんでしょ?

ビルトインコンロなら、2〜3時間、テーブルコンロなら、約15分。意外と簡単に取替えられます。※ 設置状況やガスの接続状況により設置に要する時間は異なります。

システムキッチンの場合でも、ガスコンロのみで簡単に2時間ぐらいで取替えられます。

  • 古くなったビルトインコンロ

  • 有資格者による取替え作業(約2〜3時間)

  • 取替え・設置完了

最近、コンロの調子が悪いみたいだけど…。

「火がつきにくい」「火が安定しない」などの症状があったら取替え時期かもしれません。

あなたのコンロは大丈夫?3個以上当てはまれば、取替え時期です。

  • □購入して10年以上たつ
  • □2008年よりも前の製品を使っている
  • □バーナーの炎がまばらになっている
  • □バーナーがさびたり、汚れがひどい
  • □火がつきにくくなった
  • □火力の調節がうまくできない
  • □火力が安定しない
  • □ときどきガス臭い
  • □火が途中で消えるときがある

コンロ選びの前にチェックしておくことは?
(ビルトインコンロの場合)

トッププレート(天板)の幅は75cm、60cmの2種類があり、どちらにも取替えられます。キッチン(流し台)の広さや、使い勝手にあわせて選びましょう。
トッププレート幅
75cmのワイドタイプ

天板とバーナー間隔が広く、ゆとりがあります。

左右両方のバーナーで調理をするときも、ゆったりと使えます。また天板のスペースを鍋の仮置きとして利用できます。※イラストはイメージです

トッププレート幅
60cmの標準タイプ

左右の調理スペースを広く取ることができます。

調理作業のスペースを広く使うことができます。間口の狭いキッチンにおすすめです。※イラストはイメージです

コンロ選びの前にチェックしておくことは?
(テーブルコンロの場合)

テーブルコンロには、標準サイズと、コンパクトサイズがあります。設置するガス台のスペースを採寸しましょう。
標準サイズ59cm

ガス台のスペースが60cm以上の場合。

コンパクトサイズ56cm

ガス台のスペースが56cm以上60cm未満の場合。

「強火力バーナー」が左右どちら側になるか確認しましょう。壁の反対側が強火力となります。
機器の箱に表示されているガス種(ガスグループ)が適合しているかご確認ください。

※イラストはイメージです

テーブルコンロは、購入してその日に取替えられます。

テーブルコンロを設置するときは、手袋をして器前面の底部と後面の手かけ部にしっかり手をかけ、持ち上げてください。
ガスホースを元栓につなぎ、元栓を開けば完了!

設置、取替え時間は清掃の時間を含みません。ホースが古い場合は、ホースも一緒に取替えてください。

ページトップへ