1. ホーム >
  2. 製品情報 >
  3. ガス調理機器 >
  4. ガステーブル >
  5. 省エネに気くばり

省エネに気くばり

炎のムダを減らして大切に使う。節約にも気くばりしています。

高効率コンロ「エコフラットバーナー」「ツインシールドバーナー」

省エネ性と清掃性の両方に配慮

鍋底からはみ出した炎は鍋に伝わらず、結局ムダに。パロマのバーナーは、炎が鍋底に集中して効率よく調理できる、省エネ性に優れたバーナーです。

炎のムダを減らしました!

図:バーナー比較図

水なし直火焼グリル「クリンエコグリル」「らくグリル」

節約しながらおいしく直火焼き

従来のグリルに比べて熱効率が大幅にアップ。ガス代を節約しながら、遠赤外線の効果でカリッとおいしく焼き上げます。水を使わないから、水を入れる手間もなく、清掃もしやすくなりました。

※写真は両面焼きのイメージです。

ガスコンロは節電&エコ。CO2削減にも役立ちます。

パロマは「節電アクション」を応援しています。

1. ガスコンロ炊飯は1日あたり約293Whの節電。※1

一般家庭が一日に消費する電力約9,328Whの内約3.1%に相当します。

電気炊飯器の代わりにガスコンロで炊飯すれば、そのぶん節電に。また、電気炊飯器に比べて約39.5%もCO2排出量の削減になります。

図:CO2排出量削減図

  • ※1【条件】1回あたりの炊飯時消費電力量205Whの機種で1日1回炊飯。1時間あたりの保温時消費電力量14.8Whで1日6時間保温したとして試算。一般家庭消費電力値は電気事業連合会HP2009年数値(283.6kWh/月)を平均30.4日で割った値を1日あたりの消費電力と設定。ガスコンロ炊飯は保温機能がないが電気は保温することを想定した比較。
  • ※2【条件】ガスコンロ炊飯機能付き標準炊飯、電気炊飯器IH式5.5合炊き標準炊飯。各3合炊飯時の弊社実測値。CO2排出係数(出所:ガス 環境省 平成22年3月改正後『算定・報告・公表制度における算定方法・排出係数一覧』電気 電気事業連合会 2010年9月「電気事業における環境行動計画」 【kg-CO2/kWh】都市ガス/0.179 LPG/0.213 電力/0.412 年200回炊飯。ガス炊飯は都市ガスとLPGの平均値。【2011年4月パロマ調べ】
  • ※3 炊飯に必要な電力を作るために排出するCO2

『炊飯』だけじゃない!

ガスコンロで上手に節電しよう!

湯わかしはもちろん、トーストも、フライのあたためもガスコンロなら消費電力0

ページの先頭へ

  1. ホーム >
  2. 製品情報 >
  3. ガス調理機器 >
  4. ガステーブル >
  5. 省エネに気くばり
Copyright © Paloma Co., LTD. All rights reserved.