1. ホーム >
  2. ニュース >
  3. 2008年のニュース >
  4. 「高齢・障害者雇用支援機構」へ寄付金贈呈

2008年のニュース

2008年10月

「高齢・障害者雇用支援機構」へ寄付金贈呈

株式会社パロマ(愛知県名古屋市 代表取締役社長:小林弘明)およびパロマ工業株式会社(愛知県名古屋市 代表取締役社長:川瀬二郎)は、第30回全国障害者技能競技大会(2008 なの花アビリンピックinちば)を主催する独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構へ障害者の技能に関する競技大会に係る業務の支援を目的として、2008年10月22日に寄付金1,500万円の贈呈を行いました。

寄付金の趣旨

パロマグループは企業活動の一環として、「我々は、環境・社会に配慮した企業として行動します。」を行動指針として社会貢献活動を展開しています。この活動のひとつとして、この度高年齢者と障害者の雇用支援を行っている独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構へ寄付させていただくことといたしました。パロマグループでは、これを機に自社グループ内で継続的に高年齢者及び障害者雇用を積極的に推進していく体制を整えると共に、高年齢者・障害者の社会参加をサポートしてまいります。

独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構の概要

高年齢者等を雇用する事業主などに対する給付金の支給や、障害者の職業生活における自立を促進するための施設の設置及び運営、その他雇用を支援する業務を行っています。

http://www.jeed.or.jp/

第30回全国障害者技能競技大会-2008なの花アビリンピックinちば-

全国障害者技能競技大会(アビリンピック※)は障害のある方々が日頃職場などで培った技能を競う大会です。
障害のある方々の職業能力の向上を図るとともに広く障害者に対する社会の理解と認識を高め、障害者の雇用の促進と地位の向上を図ることを目的としています。

※アビリンピック=アビリティ(能力)+オリンピック の造語です。

http://www.pref.chiba.lg.jp/syozoku/f_syokunou/abilym/

日程/2008年10月24から26日
会場/幕張メッセ(千葉市美浜区中瀬2-1)
主催/独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構
     千葉県

ページの先頭へ

2008年のニュース一覧へ

Copyright © Paloma Co., LTD. All rights reserved.